真っ白な肌への近道といえば?真っ赤なトマト!

最近、肌のくすみが気になるかも……。なんとなくトーンダウン? というあなたにオススメしたいのが、真っ赤に輝くトマト。美容にとって毎日なにげなくしているNG習慣から、トマトと美しい肌との関係性までを徹底分析します。毎日の食生活にトマトの力を取り入れて、みずみずしいお肌作りをはじめましょう。 

活性酸素が美容の敵

活性酸素とは、酸化力が強力な酸素を意味します。本来は体を守るために重要なのですが、問題は、活性酸素が増え過ぎてしまうこと。余分な活性酸素が細胞にダメージを与え、シミ、シワといった肌トラブルを引き起こします。以下に具体的なNG習慣をピックアップします。

「少しだけ」「ついそこまで」の紫外線

洗濯を干したり、スーパーに行ったりと、ちょっとした外出時、日焼け対策をしていますか? 夏だけでなく、1年中肌は日差しに浴びることで紫外線を受け、肌表面には活性酸素が発生しています。

「イライラ」や「気分がすぐれない」といったストレス

家事や育児でスケジュールが思い通りに進まない、職場で上司や同僚とコミュニケーションが上手くいかないといったストレスは、体内に活性酸素を発生させているのです。

「もう1杯」の飲み過ぎや喫煙

タバコはもちろん、アルコールも活性酸素を作り出す原因のひとつ。アルコールを肝臓で分解する際に、体内では活性酸素も発生しています。増えすぎた活性酸素は、肌細胞を老化させます。

美しい肌にはリコピンが鍵って本当!?

トマトにたっぷり含まれるリコピンは、カロテノイドと呼ばれる赤系の色素成分のひとつです。ビタミンEの100倍以上の抗酸化力といわれるリコピンと、肌との関係性を紐解いてみましょう。

しみの原因となるメラニン生成を抑えてくれる

メラニンを生成する細胞にリコピンを添加すると、メラニン量が減少。ビタミンEとともに摂取すると相乗効果があるということが判明しました。

紫外線によるコラーゲン減少を防ぎ、さらに増やす効果も

肌に蓄積されたリコピンは、紫外線でコラーゲンが失われるのを防ぐことが確認されました。また、紫外線が当たらない場合、リコピンが蓄積された肌では、通常よりコラーゲンを生成するとの結果も。

気になる目の下のシワにも改善サインが!

20歳~50歳の男女36名を対象にした研究では、トマトジュース1缶を12週間飲み続けた場合、8週目以降に目の下のシワが減少という、うれしい発表も。

まだまだ注目!トマトのビタミン&ミネラル

トマトにはリコピンだけでなく、ビタミンA、C、E、ミネラルのカリウムや亜鉛なども含まれています。また、フレッシュサラダから、料理、トマトジュースなど摂り入れ方が、シーンに合わせていろいろ選べるのもうれしいですね。今日の食事に、さっそくトマトをおいしく加えて、あこがれのお肌を手に入れましょう。

参考:
トマト大学|カゴメ
リコピンの抗酸化作用で美白になるための5つのステップ|アンチエイジング Life
抗酸化成分・食品(16)リコピンの効果と効率的な摂取法|スキンケア大学
活性酸素のお肌への影響|スキンケア大学

関連記事