1日1杯が美をつくる!?トマトジュースの新習慣

家事や育児に追われる毎日、でも自分のケアも大切です。そこでオススメなのが、トマトジュース! 毎日の食習慣にプラスするだけで、栄養バランスもぐっとアップします。今回は、リコピンやビタミンなど、トマトが持つ栄養を効果的に取り入れられる簡単アイデアとあわせてご紹介します。

 

家族みんなでいただきます!まずは朝食に1杯

毎日、朝食と一緒にいただくドリンクは何を飲んでいますか? コーヒー、紅茶、オレンジジュースや牛乳が定番ではないでしょうか? そんな毎朝の1杯をトマトジュースに変えてみましょう。ビタミンEの100倍以上も抗酸化力のあるリコピンは、メラニンの生成を抑制し、コラーゲンの産生も促進します。寝坊した朝だって、缶やパックのトマトジュースなら、とてもお手軽に飲めます。就寝中に汗をかき、脱水気味の身体にリコピンのパワーが行き渡りますよ。

おやつのお供に!おなじみメニューにちょい足し

トマトと乳製品が好相性というのはご存じですか? 美容に役立つトマトのリコピンは乳製品とともに摂取すると、その吸収率がアップします。今回は、おなじみのおやつに、トマトジュースのちょい足しアレンジをご紹介します。

バニラアイスにトマトジュースで未知なるおいしさ

お皿にバニラアイス1人前を盛ったら、大さじ2杯程度のトマトジュースをかけるだけ。トマトの酸味がアイスクリームの甘みを引き立ててくれます。トマトジュースがシャーベットのようになり、さっぱりといただけます。彩りもよく、クセになるおいしさですよ。

ヨーグルトとトマトジュースで簡単パフェ

こちらも簡単アレンジ! お皿にヨーグルトとバナナなどのフルーツを盛り、トマトジュースとハチミツをそれぞれ大さじ1杯トッピング。見た目も美しく、栄養満点のミニパフェに仕上がります。

おやすみ前の1杯が美しい肌のパートナー

トマトは、どの時間帯に摂るのがベストなのでしょうか? もちろんトマトにたっぷり含まれるリコピンの力は、1日中、どんなときでも活躍してくれますが、美容対策のためには、就寝前の夜に摂るのがオススメです。日中に浴びる紫外線対策は、夜の間に体内からしっかりガードしておきましょう。もちろん、昼間は日焼け止めも塗っておきましょう。忙しいライフスタイルでも、ちょっとした習慣が健康と美容への近道です。まずは、トマトジュースからはじめてみませんか?

>>ちょっプルでトマトジュースをお試ししよう!
>>トマトジュースに関してもっと詳しくなろう!

参考:
Kenbiコラム|健康美容情報ナビ
トマトで美容と健康をゲット!その効果的な食べ方|ハウコレ

関連記事