近年よく耳にする“経口補水液”とは?

ここ数年、熱中症対策や脱水対策として経口補水液をよく見かけるようになりました。
しかし、実際は、いつ、どれくらいの頻度で飲んだら良いのか、スポーツドリンクとは違う成分なのかなど、詳しいことについては知らない方も多いのではないでしょうか?

今回は知っているようで知らない経口補水液について詳しく見てみましょう。

経口補水液とは?

風邪や感染症による発熱、下痢、嘔吐や、熱中症の際には脱水症が心配されます。そのときに病院の治療では点滴や注射が用いられることが多いですが、より簡単にセルフケアができるものとして近年、経口補水液が普及してきました。

経口補水液の成分は点滴や注射の成分と似ており、塩分とブドウ糖がバランス良く混合されたものです。水に溶かして口から摂取することで、失われた体内の水分、電解質を主に小腸から補給する働きがあります。

スポーツドリンクとの違いは?

経口補水液とスポーツドリンクは似ているように思えますが、実は成分が異なります。
スポーツドリンクは、水分やミネラル、電解質、糖分をバランス良く配合したもので、経口補水液と同様に小腸で吸収しやすくなっていますが、糖分が多く電解質が少なく、軽いスポーツや入浴など日常で汗をかく場合の水分補給に適しています。

一方、経口補水液は、糖分が少なく電解質が多いため、発汗がひどい場合や、脱水症が考えられる場合に適した飲料です。

どんなシーンで飲むとよい?

前述した、熱中症や感染症、脱水症が考えられる場合以外にも、激しいスポーツを行うときや二日酔いのときにもセルフケアとして飲むと脱水症の予防になり、おすすめです。

発汗や脱水症状が見られない健康な場合に飲んでも差し支えないですが、日常的に飲用するには塩分が多く含まれているため、必要以上に飲むのは控えるのがよさそうです。また、持病によりナトリウム、カリウムの摂取制限を受けている方は必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

正しい飲み方

経口補水液は飲み方にもルールがあります。まず、冷やし過ぎたり、温め過ぎたりせずに適温で飲みます。氷を入れたり薄めたりすると成分のバランスが崩れるため、経口補水液の効果を得るにはそのままの状態で飲みましょう。

経口補水液は塩分が多く、健康な場合に口にするとおいしく感じませんが、脱水状態の場合はおいしく感じるようです。症状にあわせて量を加減し、一気に飲まず、少しずつ飲むことが効果的でしょう。

いざというときのためにあると安心

脱水症状になってしまってから補給しても効果はありますが、できることならそのようなつらい経験はしたくないものです。事前に準備しておくと、自分の体調が「おかしいかな」「暑さで少しフラフラするな」というときにも、すぐに摂取することができます。大人はもちろん、子どもや高齢者も摂取できるため、もしものときのために備えておくと安心ですね。

>>サンプル百貨店で「経口補水液」を試してみる


参考:

関連記事