インフルエンザやノロウイルス…身体が弱っているときの食事の摂り方

寒い時期にかかりやすいインフルエンザやノロウイルス感染症。そして、夏にはウイルス性食中毒のほかにもヘルパンギーナなどが流行します。万が一、そのようなウイルス感染症にかかってしまった場合、治す薬もないことが多く、余計に心配になってしまいます。

治るまではしっかりと休養するに限りますが、あわせて意識しておきたいことは、食事や水分の摂り方です。症状の段階に応じてポイントを知っておくと安心ですね。

ウイルス感染症にかかりはじめのとき

ウイルスが潜伏中で、まだ食欲も落ちていないかかりはじめの段階では、栄養価が高く、身体を温めるものをいただきましょう。豚汁や鍋料理、煮込みうどんなどがおすすめです。温かい汁物を食べることで、体温も湿度も上がり、粘膜の保護や免疫力のアップにもつながるといわれています。

高熱が出てどうしても食欲が湧かないとき

インフルエンザをはじめとするウイルス感染症では通常の風邪よりも高熱が出やすく、食欲も極端に落ちてしまうことが多いようです。また、下痢や嘔吐がある場合も少なくありません。そんなときは無理をして食べる必要はありませんが、水分はしっかりと補給しておきましょう。スポーツ飲料や経口補水液、お茶などで水分のほかにミネラルも摂れると良いでしょう。ほかにも、フルーツや野菜のジュース、栄養ゼリー飲料はビタミン類も補給できるためおすすめです。

症状が回復に向かっているとき

ようやく熱も下がり、身体が少し楽になってくると食欲も出てくるはずです。強力なウイルスと闘っていた身体は思いのほか疲れています。まだまだ睡眠や休養は欠かせません。そして食事も疲れている身体をいたわるような、胃に優しく栄養豊富なものをいただきましょう。蒸した野菜や白身魚、すりおろしたフルーツなどは消化吸収がしやすく、高熱で消耗したビタミンやミネラルを補給できます。胃腸に無理がない程度にタンパク質も補給できると体力の回復に効果的です。

段階に応じて効率的に栄養を

感染症ウイルスは大変強力で、私たちの身体は回復するためにたくさんの体力を必要とします。自分で思うよりも身体はダメージを受けているため、食事はその時々の身体の状態を考え、栄養補給ができるものを適宜いただきたいものです。


参考:

関連記事