ずぼらさん必見!これなら続けられる、炭酸水ダイエット

今までいろいろなダイエットに取り組んでもなかなか満足する効果が得られないという方、食事制限をしてもどうしても空腹に絶えられずに挫折してしまった方……。思うようにすんなりと痩せられないというのは、年齢を重ねれば重ねるほど、多くの方が実感するところでしょう。
そんな方に耳寄りな“炭酸水”を用いたダイエット方法をご紹介します!

炭酸水ダイエットとは?

炭酸水ダイエットは、食前に炭酸水を飲むことで胃を膨らまして空腹を和らげ、いつもより少ない量のご飯で満足させるという方法です。つまり、炭酸水を飲む目的は食事量を減らすことにあります。いたって簡単な方法ですが、ただ炭酸水を飲めば良いというわけではありません。ポイントは、その飲み方にあります。

小さいコップ1杯程度の少量の冷たい炭酸水を飲むのは、胃のぜん動運動を活発にし、食欲を増進させることになります。炭酸水を飲むときは、300〜500mlを常温で飲むように心がけましょう。ポイントは、“常温”と“多めの量”です。ただし、一度に大量の炭酸水を飲み過ぎすると不調をきたす可能性もあるため、初めは少量から試すことをおすすめします。
また、糖分の入った炭酸水よりも、できるだけ無糖の炭酸水を選ぶようにしましょう。食欲を落ち着かせ、ダイエットに繋がるといわれています。

お風呂で飲んで代謝アップ

炭酸水はいつ飲んでも良いですが、特に、お風呂で半身浴中に飲むと、たくさん汗をかいたり、血行が良くなったりし、疲れやむくみがとれやすくなるようです。

また、飲む以外にも、直接、湯船に炭酸水を入れるという方法もあります。38℃くらいの湯に500ml〜1L程度の炭酸水を入れ、ゆったりと全身が浸かるように入りましょう。
体の内側からだけでなく、外側からも二酸化炭素を吸収することで代謝アップが狙えます。

その仕組みは、まず、毛穴から入ってきた二酸化炭素によって、血液中の二酸化炭素の濃度が高くなります。すると脳は血管内が酸欠状態だと誤解するため、血管を拡張して酸素を多く送ろうとするはたらきが生じます。その結果、血流が良くなるのです。
体が冷えたときや、足のむくみが気になるとき、また、リフレッシュしたいときにはぜひ試してみてくださいね。

バスタイムを利用して効率よく代謝を上げることで、日常生活での消費カロリーも高まり、自ずと痩せやすい体質へと導いてくれるはずです。

コバラが減ったときの味方!

ダイエット中の大敵といえば“間食”。食事量を減らしているのに、いつもより多めの運動をこなしているのですから、常にコバラが空いた状態。あるいは、ダイエット中だと考えれば考えるほど、空腹感を感じるということはありませんか?

そんなときにも味方にしたいのが、炭酸水です。もちろん、間食をせず、炭酸水でしのぐといった方法がベストですが、何か食べる場合にも炭酸水と一緒に摂ることで、いつもより少ない量で満足することができます。

疲れや開放感からくる“なんとなくお腹が減ったかな”という感覚には炭酸水をまず飲みましょう。すると、案外その気持ちは落ち着くことが多いようです。

こまめに飲んで、するりと痩せよう!

最近、何をしても痩せにくいという方は、今こそ炭酸水ダイエットを始めましょう。食事前やバスタイム、コバラが減ったと感じたときと、自分の体のタイミングと合わせて、賢く飲むことがポイントです。

簡単な方法ですから、ずぼらさんにだっておすすめですよ。炭酸水で下がり気味だった代謝をアップさせ、痩せやすい体を作りましょう。


参考:

炭酸水でダイエットができる?!炭酸水ダイエットで手軽に痩せよう!_美容研究会

関連記事