飲むだけではない!お掃除にも大活躍の炭酸水

健康や美容によい効果が期待されるということでも注目を浴びる“炭酸水”。実は、まだまだ効果を発揮する使い方があるのをご存知でしたか? なんとそれは、“掃除”、です。

ここでは、炭酸水の性質と掃除の関係、おすすめの掃除方法をご紹介します。すっきりとキレイに、そして手軽に汚れを落としてくれますよ。日常のお掃除は炭酸水にお任せあれ! 

二酸化炭素に汚れを浮かせる性質あり!

炭酸水は二酸化炭素が水に溶けたものです。二酸化炭素(炭酸)の気泡には、たんぱく質を吸着するはたらきがあり、汚れを吸着して浮かび上がらせる性質があるといわれています。
また、二酸化炭素が気化することで通常の水よりも乾きが早いことも特徴です。

洗剤を使用しなくても多少の汚れなら拭き取ることが可能なため、小さなお子様がいるご家庭でも安心して掃除をすることができます。

窓ふきやトイレ掃除にも

汚れを浮かせる特徴のある炭酸水は、拭き掃除での活用がおすすめ。特に、ツルツルとした面を拭くのに適しているといわれています。ガラスやトイレ掃除にはぜひ、炭酸水をスプレーボトルに移し替えて、掃除をしてみてはいかがでしょうか。

窓や鏡の場合は、炭酸水をスプレーボトルから吹きかけ、いつものように布で拭くだけで、曇りや汚れがすっきりと取れて、クリアになります。トイレ掃除では、便器にはもちろん、床の掃除にも使え、どちらも汚れがすっきりと落ちてピカピカの仕上がりになります。炭酸水で掃除をすると、乾くのが早いうえ、水垢が残らないのも嬉しいポイントです。

ほかにも、手あかが気になるリモコンやメガネレンズを拭くときにも活用できますよ。

カーペットのシミや汚れまで

知らず知らずのうちに汚れていることが多いカーペットや、食べこぼしのあとが気になるラグなどには、炭酸水を染み込ませた布や雑巾で、汚れ部分をトントンと叩いて拭きとっていきます。汚れがなくなるまでこれを繰り返しましょう。
服についたシミも、洗濯する前に薄めた炭酸水に浸けておけば、落ちやすくなります。また、お子様の食器類などの黄ばみや、使い込んだコップのくすみなども漂白剤を使うことなく、炭酸水に浸け置きしてから洗い流すだけで随分キレイにすることができるようです。

拭き掃除だけでなく、シミついた汚れにも洗剤を使うことなくお手入れができるなんて、素敵ですね。

どこでもさっとお掃除できるのが魅力
お掃除用に1本炭酸水を用意しておくのもよいですし、料理などで余ったものでも十分に対応できます。洗剤が不要で、しかもキレイな仕上がりになるため、手荒れを気にせず毎日お掃除ができますね。
お掃除のほかにも、お手入れしにくいアクセサリーの黒ずみやくすみなどにも効果を発揮します。コップに入れた炭酸水の中にしばらくきれいにしたいものを浸けておくだけで、皮脂や垢がすっきりと取れますよ。

いつものお掃除にプラスして家の中や、自分の持ち物を隅々までピカピカにしましょう! 

 

参考:

関連記事