5分でできる!簡単”かけパク“アレンジ料理3選

我が家の食卓にアジアンテイストの風が吹く

いつもの食べ慣れたおかずを、一瞬でアジアン料理に変身させる魔法の調味料「かけるパクチー」、通称“かけパク”がとても便利です。
我が家では、好きでよく作る生春巻やトムヤムクンにも、これまではパクチーが入っていませんでした。田舎暮らしなもので、生のパクチーが手に入らなかったからです。でも、このかけるパクチーさえあればもう大丈夫!加えるだけで、美味しいパクチー料理が、いつでもどこでも楽しめます。

焼き肉や鉄板焼き、お鍋のつけダレとしても使えますし、サラダのドレッシングや和え衣にもなります。コロッケの味付けや揚げ物、蒸し物のソースにもなれば、野菜炒めの味つけにも使えます。

それでは、簡単な“かけパク”アレンジ料理を紹介いたします。

旨味がギュッ!!あさりのパクチー酒蒸し

あさりの旨味をパクチーソースが一押しも二押しもして、この上ないほどの美味しさになりました。そもそもあさりとパクチーは相性が良いのですが、生のパクチーを使うよりも、簡単で旨味が深くて濃いです。

a_01_re.jpg

【材料】 2~3人分

あさり     300g
赤唐辛子    1本
オリーブオイル 大さじ1
おろしニンニク 小さじ1
玉ねぎ     30g みじん切り
酒       大さじ3
かけるパクチー 小さじ1

【作り方】
icon_01.pngあさりはじゅうぶんに砂をはかせ、水でよく洗って水を切ります。玉ねぎはみじん切りにし、赤唐辛子は種を取り除いて細い小口切りにします。
※赤唐辛子ははさみで切ると簡単です。


icon_02.pngフライパンにオリーブオイル、赤唐辛子、ニンニク、玉ねぎを入れて火にかけ、ゆっくり炒めて香りを出します。

icon_03.pngあさりを入れて炒め合わせ、酒を回し入れ、かけるパクチーを入れて軽く混ぜ、蓋をして強火で2~3分、口が開くまで蒸し煮します。

a_02_re2.jpg


icon_04.png器に盛って完成です。
※残った汁も美味しくて、湯を注げばスープに、ご飯にかければ茶漬け風になります。

デパ地下風重ねサラダ 巻かない生春巻サラダ

a_06_re.jpg

かけるパクチーは、味が良いだけでなく色合いも鮮やかなので、かければ料理の見た目がグンとアップします。今回、具材をデパ地下のお惣菜風に美しく重ねて、2種類のソースをかけて極上サラダに仕上げました。

【材料】 2人分

ライスペーパー 2枚
豚ひき肉    40g
海老      4尾
レタス     2~3枚
きゅうり    1/2本
水菜      1/4株
りんご     1/4コ
セロリ     5cm
ミニトマト   4コ

(調味料)
焼き肉のタレ    小さじ1~2
スイートチリソース 大さじ2
かけるパクチー   大さじ1
ごま油       少々

(トッピング)
落花生 6粒
白ごま 少々
レモン くし形切りを2コ

【作り方】
icon_01.pngフライパンを熱し、ごま油をひいて挽肉をポロポロになるまで炒め、焼き肉のタレを入れて煎りつけます。

icon_02.png野菜と果物はそれぞれ綺麗に洗って水を切り、レタスは手でざっくりちぎり、きゅうりは薄切りに、りんごは皮をつけたまま薄く切り、セロリは細長く切り、水菜は6cm長さに切り、トマトは半分に切ります。

icon_03.png海老は殻をむき、背に切り込みを入れてワタを取り除き、沸騰湯で1~2分茹でます。落花生は粗く刻んでおきます。

icon_04.pngライスペーパーはハサミで4等分に切り、ぬるま湯にひたします。

icon_05.png大きめの皿に、野菜、りんご、水気を切ったライスペーパーを彩りよく重ねていき、周囲にトマトとエビを飾ります。

icon_06.png上から挽肉と落花生と白ゴマをかけ、スイートチリソースとパクチーソースをかけ、レモンを添えます。

※落花生は、柿ピーに替えられます(柿の種は砕かずに散らした方が、パリパリ歯触りが楽しめます)。

竹の子とアボカドの和え物

a_03_re.jpg

見た目和風なのに、味はエスニックというギャップがたいへん面白く、風味溢れる一品です。ねっとりとクリーミーなアボカドに、パクチーソースがとてもよくあいます。今回はそこに、竹の子を足しました。竹の子の山椒和えのように見えて、口に含めば、山椒ではなくパクチーの香りが口中に広がります。お客様にお出しすれば、あっと驚いて、すぐに笑顔に変わることでしょう。

【材料】 2人分

竹の子     50g
アボカド    1/2コ
茹で海老    2尾
レモン汁    小さじ1/2
パクチーソース 小さじ1
醤油      少々 (香りづけに3滴ほど)

【作り方】
icon_01.pngアボカドは1cm角に切って、レモン汁をまぶします。
icon_02.png竹の子は1cm角に切って、パクチーソースをからめます。
icon_03.png茹で海老は殻をむいて、竹の子の大きさにあわせて切ります。
icon_04.png1と2と3をさっくりと混ぜ合わせ、香りづけの醤油を加え、軽く混ぜて器に盛りつけます。

button.png

guide-193-210-260.gif■執筆者情報
All About 毎日のお助けレシピ ガイド 大石寿子
30年間料理人として厨房に立った後、オールアバウト立ち上げ時より「料理のABC」ガイドになり、今に至る。現在は、長年、料理に携わってきた経験を生かし、誰でも、楽して、楽しく、おいしい料理が作れるようにと新調理法を考案。書籍や広告などで活動中。






関連記事